[540 MENU] (前へ) (次へ)

Vol.13 悲劇


今回は、年末に起こった悲劇のお話です。

無人有料駐車場から出る時のこと、自動料金徴収機前に車を止め、

うちのヨメがお金を払い終えた時のこと、ブレーキをしっかり踏んでいなかった540は、少しずつ前進していました。

その時、『バキバキ』と何かの音が!

一瞬何が起きたかわかりませんでした。

 

「ひぇ〜!ドッドッドアミラーが無い!」

 

可倒式でも脱落式でもないシュニッツァーのドアミラーは根元からへし折れていました。

 

 

 

当然交換しかありません。

すぐさま、いつもお世話になっているホットロッドへ直行!

幸いにも、シュニッツァーは片側だけのミラーだけ購入することができました。

一週間後には元通りのすがたに戻りました。(^o^)丿

 


[540 MENU] (前へ) (次へ)