[M5 MENU] (前へ) (次へ)

Vol.21 ACS フロントフリッパー


フロントにワンポイントが欲しくなりました。

M5ですので大げさなエアロパーツでなく、リップスポイラーを考えました。

Mのバンパー自体がエアロパーツのようなモノなので、そんなに選択肢があるわけではありません。

ACシュニッツァー、ハルトゲ、ハーマンってとこでしょうか・・・。

各製品の特徴ですが、

ACシュニッツァー:

2ピースとなっていてリップスポイラーと言わず、フロントフリッパーと呼ぶらしい。

塗装が必要である。

E36のとき、エアロを組んだが、品質は申し分ない。

 

ハルトゲ:

カーボン製が魅力。

塗装は不要である。別に塗っても良いが・・・。

形としては一番お気に入り。

 

ハーマン:

ACシュニッツァー同様2ピースとなっている。

塗装が必要である。

ハルトゲのような1ピースのリップもあるようだが、詳細不明である。

 

結局、3製品の中で一番安かったのでACシュニッツァーのフロントフリッパーにすることにしました。

取付けには片側に2個、計4個の穴あけが必要です。

ノーマルの張り出し部分に被せてボルトとボンド(コーキング)で取り付けます。

つまり、はずせないと言うことです。

 

実物を見ると結構大きいです。

ACシュニッツァーのロゴはパテ埋めしようかと思いましたがやめました。

 

横から見ても結構張り出しています。

張り出しが大きくなりイイ感じです。

 

 

 

 

見た目はgood!なのですが、思わぬ誤算がありました。

ぬうわキロ以上で明らかにハンドリングが変わりました。

どうも、フロントが軽いというか、フロントとリヤのバランスが崩れた気がします。

ACシュニッツァーは風洞実験とかやってるのかなぁ・・・。

少なくともM社はしっかり研究しているということですね。

純粋に走りを重視するなら何もつけずにオリジナルのままが良いですね。


[M5 MENU] (前へ) (次へ)