[M3 MENU] (前へ) (次へ)

Vol.19 恐怖の追跡〜あの人(車)は今?〜


2005年の9月に我々の目の前から姿を消した「伝説のM3オーナー」 まっつん。

まっつんはどこに行ったのでしょう・・・。

彼はナニワの街に生息しておりました。

伝説のM3と共に・・・。

 

今回は、そのM3の行方を独自のルートで得た情報を皆さんにお伝えすることにします。

 

2006年春 日本中がゴールデンウィーク連休へ突入とワクワクしている時・・・

大阪在住の一人の青年もゴールデンウィークを楽しみにしていました。

 

愛車M3で大阪から福岡へ・・・喜びに満ちたドライブでした。

事件は広島で起きました・・・。

 

ところで皆さん、ABSってご存知ですよね?

「ABS」とは、「Antilock Brake System」の略です。

直訳すれば「ブレーキをロックしない機能」となります。
では、ブレーキがロックするとどうなると思いますか?

ハイ!また実験しました。
 

まっつんは算数も弱いが英語も弱い?

Antilock Brake System が訳せなかった・・・?

タイヤがロックすると必死にハンドル操作しても車の方向を変える事が出来ません。
タイヤは回転している時しか方向を変えられないからです。

ABSは、タイヤがロックしようとしても断続的にブレーキの油圧を緩めて、

ポンピングブレーキをかけているような状態にしてくれます。

タイヤは回転し続けているので、急ブレーキをかけた時でもハンドル操作ができ、クルマの安定性も保たれるのです。

では、まっつんのM3は・・・

昨年からABSは死んでいました・・・。

修理代をケチって直していなかったのです。

あれ程直せよと言ったのに・・・。
 

まっつんは機械を信じない?

ABSを信じず、己のポンピング能力を信じていました。

衝撃はAピラーまで・・・。

もう、ボロボロです。

リヤも逝ってます。

写真は有りませんがルーフにも歪が・・・。

フロントホイールの位置を見れば一目瞭然・・・

脚は複雑骨折です。

ABSとは、車が「自動的にポンピングブレーキをかけている」状態なので、

ABSが作動している時にポンピングブレーキをかけると、二重にかけていることになってしまいます。

なので、通常は思いっきりブレーキペダルを踏み続ければよいのですが・・・

このスペシャルなM3の場合・・・

パニックでもポンピングブレーキは必須・・・出来ない時は・・・ABSが壊れていては結果は目に見えています。

はーい!上の写真が全てを物語っていますね。
ABSの修理代は約20万円、この事故での修理見積は約550万円・・・

やっぱり算数できないのか・・・。

20万円をケチって、550万円の修理代。

修理はあきらめ、廃車という道を歩むことになりました。

 

皆さん、たかがABS、されどABS・・・警告ランプが点いたら点検しましょう。

人間のポンピングブレーキよりABSは良い仕事しまっせ!

 

追伸

M3の所有期間:21ヶ月 

その内、修理のための不動期間:延べ11ヶ月

ほんとうにさようなら・・・M3


[M3 MENU] (前へ) (次へ)